"血染めの桜"事件で非業の最期をとげた谷地城主「白鳥十郎」が残した足あとを探って

白鳥十郎と寺社

長延寺

長延寺

画像の説明

長延寺は河北町谷地の六供町にある、時宗の寺院です。
種林寺跡や大町観音堂にも近い位置にあります。

近世初期に白鳥家の重臣の浅黄丹波尚徳が長延寺の檀家となりました。
浅黄丹波尚徳は谷地城の二の丸に5つあった門の一つ、前小路口を守っていた武将と考えられています。

浅黄丹波尚徳が檀家になった頃と同時期の亨保6年(1721年)には念仏堂を建立。
また同じ頃、近隣から托鉢で集めた浄財をもって庫裏を建て直すなど、寺が大きく発展したそうです。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional