"血染めの桜"事件で非業の最期をとげた谷地城主「白鳥十郎」が残した足あとを探って

白鳥十郎と寺社

稲荷神社

稲荷神社

参道
鳥居
社殿

稲荷さまを祀る神社は数多くありますが、今回紹介する稲荷神社は西村山郡河北町の谷地、谷地八幡宮の北北西方向に鎮座する稲荷神社です。

民家の間の小道を西に入って行くと社殿に行くことができます。

祭神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)です。
この稲荷神社はかつての下工藤小路村の村社だったようです。

この稲荷さまは高宮(たかみや)稲荷と称し、河北町内で一番古い稲荷さまといわれています。

また、この稲荷神社は谷地城主の一族、白鳥氏の敬信が篤かっただけではなく、五穀豊穣の神として一般の方々の信仰も篤かった神社です。

かつての社殿は慶応2年の谷地の大火の時に炎上してしまいまいました。このため明治7年に稲荷さまを同じ村の竃戸神社に遷宮、大正元年に今の地に新社殿を再建、竃戸神社から再び遷宮されました。
また平成8年に社殿の改修が行われました。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional