"血染めの桜"事件で非業の最期をとげた谷地城主「白鳥十郎」が残した足あとを探って

白鳥十郎と寺社

皇太神社

皇太神社

境内と拝殿、社殿
拝殿
拝殿

皇太(こうたい)神社は西村山郡河北町谷地の荒町にある神社です。
祭神は天照皇大神(あまてらすおおみかみ)です。

境内のケヤキのむろに市神とされる自然石があり、かつて皇太神社の近辺で市が開かれていたようです。

皇太神社がいつ頃創建されたか、はっきりしていませんが、かつては現在の谷地荒町ではなく、谷地北口村の押切の近くに鎮座していた神社だったようです。

皇太神社は谷地城主の白鳥十郎長久の崇敬が篤く、社殿などを整備したといわれています。

江戸時代の享保17年に炎上してしまいましたが、京都の紅花商などの協力で皇太神社が再建されたそうです。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional