"血染めの桜"事件で非業の最期をとげた谷地城主「白鳥十郎」が残した足あとを探って

白鳥十郎と寺社

白鳥不動尊

白鳥不動尊

寺社碑
本殿

白鳥不動尊は村山市白鳥の土海在家地区にある天台宗の寺院で、山号は白鳥山です。
本尊の不動明王は弘法大師が鋳らせたものと伝えられています。

白鳥家累代の守り本尊として崇敬されてきた不動明王です。

この不動明王は、もとは白鳥地区の宮下にありました。

谷地に入部した後、天正12年(1584年)山形城で誅殺された白鳥十郎長久ですが、十郎長久が殺された頃、この不動明王が何者かによって持ち去られ、行方知れずになってしまいました。
その後、白鳥地区北畑の田の中から発見されたそうです。

現在の寺院は大正10年(1921年)に白鳥氏ゆかりの白鳥城跡に移築されたものだそうです。

白鳥城の案内看板

白鳥不動尊から、白鳥城の本丸に行くことができます。

白鳥城は「お城山」に築かれた山城で、本丸は山頂にあります。
見事な空堀などが現存しています。

本丸跡

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional