"血染めの桜"事件で非業の最期をとげた谷地城主「白鳥十郎」が残した足あとを探って

白鳥十郎と寺社

楯越稲荷

楯越稲荷

楯越稲荷

楯越(たてぐす)稲荷は寒河江市日和田(ひわだ)地区の山腹に鎮座する稲荷さまです。

楯越という名からも推測できるように、楯越稲荷付近にはかつて楯(城)があったようですが、この楯のことが記録されている史料は見つかっていないそうです。したがって、本来の名称も明らかではないようで、仮に日和田楯と呼んでいるそうです。

稲荷さまの裏山に登ると、たしかに、平坦な所があったり、空堀と思われるような地形があったりします。

『山形県中世城郭遺構調査報告書 第2集』,山形県教育委員会,平成8年3月
などに日和田楯の調査報告が載っています。
この資料よると、楯には三重の堀がめぐらされており、楯越稲荷も楯の一区画に建立されているそうです。

楯の主は日和田五郎と伝わっています。

日和田楯は、正月元日に谷地城主の白鳥十郎に攻撃され、降伏したそうです。日和田五郎の家老と伝わる高橋家では、この出来事を受けて、現在でも正月元日には餅をつかないそうです。
日和田五郎の墓と伝わる五輪塔も、国道付近の墓地の中に残っています。

伝日和田五郎墓

日和田五郎の墓と伝わる五輪塔

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional