"血染めの桜"事件で非業の最期をとげた谷地城主「白鳥十郎」が残した足あとを探って

白鳥十郎と寺社

妙応寺

妙応寺

妙応寺は滋賀県八日市市(現:東近江市)尻無町にある曹洞宗の寺院です。
妙応寺は、最上家が改易され近江に移って以来、最上家の菩提寺となっています。

妙応寺にある最上家の過去帳に、

泰運院殿覚性円明大居士 城取重郎
実相院殿円成了頓大居士 白鳥重郎

という戒名が記されているそうです。

城取重郎も白鳥重郎も、白鳥十郎であると考えられます。

なぜ最上家の過去帳に白鳥十郎の戒名が記されているのか、明確な理由はわかっていません。

しかし、白鳥を城取と記していることより、白鳥は しらとり ではなく「しろとり」と呼ばれていたことがわかります。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional