"血染めの桜"事件で非業の最期をとげた谷地城主「白鳥十郎」が残した足あとを探って

白鳥十郎と寺社

圓重寺

圓重寺

圓重寺
案内杭
説明看板

圓重寺は北村山郡大石田の次年子(じねんご)地区にある真宗大谷派の寺院です。

圓重寺は谷地城主の白鳥十郎の家臣の青柳隼人の弟、平林玄馬が開いたお寺です。

青柳隼人は白鳥十郎とともに山形城主の最上義光を見舞うため、山形城に同行しました。
しかし、主君の白鳥十郎は最上義光に山形城内で討ち取られてしまいます。
付き添った家臣もすべて殺されたといわれていますが、村山市にある照覚寺には別の伝承が伝わっています。

白鳥十郎が山形で討ち取られた時、最上家の家臣、延沢能登守が白鳥家の重臣、青柳隼人と槇清光に馬を準備し、十郎の首を預けて山形城の裏門から逃した、というものです。
その後、二人は天童を通り、最上川を下り、村山市大久保から山深い次年子地区に逃れた、といわれています。

次年子は今では立派な道路が通り、幾分交通も楽になりましたが、それもで山をいくつか越えていかなければならない地区です。当時はさらに険しい道だったのでしょう。
主君の首を、最上軍の追手から守るため、山奥の次年子に逃れたのではないでしょうか。

圓重寺の裏山に、縦2間(約3.6m)横4間(約7.2m)高3尺(約0.9m)の塚があり、ここに白鳥十郎長久の首が埋葬されている、と伝えられています。地元の方々はこの塚を「旦那首(だんなぐし)」とよんでいるそうです。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional