羽州かほく町西里近辺のパワースポット by 身近なパワスポ探検隊

学業成就

学業成就

学問をおさめるには、なんといっても、日々の自分の努力が大切。

日本の神様も、自ら頑張る人が好き、といわれているようです。
やはり「神頼み」だけではいけません。

でも、自分の近くに神様がいてくださる、と感じると、日々の勉強も受験も落ち着いてのぞめると思います。

ぜひ、神社などに赴いて、神様とお話ししてみてください。

先人の業績にあやかるのもいいかもしれません。

先人の業績のパワスポ
魯齋逸見先生碑

いわずと知れた『学問の神様』

天神さま

菅原道真をお祀(まつり)りする天神さまは、いわずと知れた学問の神様です。

菅原道真は平安時代の貴族で学者・政治家です。
藤原氏が牛耳っていた政治の世界で、その実力から天皇に重用され、右大臣を努めました。右大臣は左大臣とともにときの政治の世界での最高位です。

唐(現在の中国)の国の荒廃などから、唐の国へ人材を送り、文化の吸入などをおこなっていた遣唐使を廃止したのは、菅原道真の意見によるものです。遣唐使は唐の荒廃に加え、船の難破などもあり、失うものも大きくなっていたことが理由のようです。

「出る杭は打たれる」といわれるように、菅原道真は一大勢力の藤原氏に疎まれるようになり、ついには九州の大宰府に左遷され、この地で亡くなります。

菅原道真の死後、時の主都「京都」では、天皇の跡継ぎの病死など、異変が相次ぎます。

これは菅原道真の怨霊が原因とされました。

天皇のお住まいへ雷が落ちたことにより、菅原道真の怨霊は雷神と結び付けられ、火雷天神が祀られていた京都の北野に北野天満宮を建てて、菅原道真の霊を鎮めようとしました。
以後、大きな災いが起きるたびに菅原道真の祟(たたり)とされてきましたが、災害の記憶が薄まるにつれ、菅原道真が学問の分野でも優れていたことから、学問の神様として信仰されるようになりました。

菅原道真以前にも、古くから天神信仰がありました。「天つ神(あまつかみ)」「国つ神(くにつかみ)」と呼んできた「天の神」という考えがもとにあり、日本をおつくりになった神様「伊弉那岐命(いざなぎのみこと)を天神様では祀ってきました。

神社の紋は梅鉢紋。

実力で政治の頂点を極めた菅原道真。
学問もそうですが、力はあってもなかなか花が咲かない、という人にも、天満神社はパワーを与えてくれるかも、と思ってしまいます。

パワスポ 天神さま

天満神社

学業成就・合格祈願・災厄消除・諸魔退散

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)

「三人よれば文殊の知恵」と言われるように、頭の良さや知識が優れていることの象徴とされる知恵の仏様です。
でも、知恵といっても学問・知識のみならず、人間としての「徳」を高めたりといった広い精神世界をも網羅した仏様だそうです。
単に試験で問われるような知識以上の、様々に起きる問題に対してものごとを考え、判断する力を持つということでしょうか。

お釈迦様が前世の子供時代に教えを受けた仏様とされているそうです。
仏教開祖のお釈迦様の先生!
いかに文殊菩薩が優れているかがわかります。

本来、文殊菩薩信仰は学力向上を期待して、というよりも「仏様の無限の知恵にあやかりたい」と願ったものでした。

文殊菩薩は普賢菩薩とともに釈迦如来のわきに安置され、釈迦三尊としてあがめられることも多いようです。
ちなみに釈迦如来は仏教の開祖、いわゆるお釈迦様のことで、普賢菩薩は「理知」と「慈悲」をつかさどる仏様です。

諸説ありますが、
・大和の安倍文殊
・丹後の切戸文殊
・出羽の亀岡文殊
が日本三大文殊として特にあがめられています。

三大文殊にはなかなか詣でられないでしょうが、多分ご自宅のお近くにも文殊様を安置りしたところがあるはず。

私が知っている所では、寒河江市の八幡さま近くの文殊堂。
河北町谷地の東林寺の山門にも安置されているそうです。
東林寺は除病の仏様「薬師如来」を本尊とする寺院でもありますので、受験を控えた方はご参拝なさってはいかがでしょうか。

なお、文殊菩薩は卯年の守り本尊でもあります。

パワスポ 文殊さま

東林寺



参考

〜天神さま〜

『オールカラーで分かりやすい古事記・日本書紀』西東社

ウィキペディア「菅原道真」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E5%8E%9F%E9%81%93%E7%9C%9F

北野天満宮 公式サイト
http://kitanotenmangu.or.jp/

太宰府天満宮
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

〜文殊さま〜

花山勝友監修『仏像のすべて』PHP研究所,2008.9
茂木貞純・平井宥慶『お参り入門』幻冬舎,2011.4
速水侑『日本の仏様』青春出版社,2006.12
『仏像の基本』枻えい出版,2011.12

Wiki 文殊菩薩
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E6%AE%8A%E8%8F%A9%E8%96%A9

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional