西里,河北

先人に学ぼう

逸見魯齋

逸見魯齋

(魯齋逸見先生碑 白山神社)

顕彰碑

逸見魯齋は1846年(弘化3年)、白山堂の逸見庄左衛門家に生まれました。
幼い時の名前は時之助といい、のちのち、庄左衛門を世襲しました。
世襲とは、その家の決まりで必ずなのらなければならない名前があり、その名前をついだ、ということです。
「魯齋」とは、逸見庄左衛門の学校の先生としてや、詩を作った時に使う名前です。

「魯」という字には、意外な意味があるようです。
このことからも魯齋の気さくな人柄、かざらない人柄が偲ばれます。
みなさんもぜひ「魯」の意味を調べてみてください。
魯齋は明治32年(1901年)、54歳で亡くなりました。

魯齋は18歳の時に江戸に出て安井息軒の塾で学びました。

じつは、故郷の家族は江戸で学ぶことに強く反対していて、学費を送ることをやめ、さらに、西里で魯齋の先生だった江端忍を江戸に送り、魯齋に西里に帰ることを説得をしてもらうことにしました。

江端忍が江戸につくと、学費を止められたしまった魯齋は少しも屈することなく、安井息軒のもとに住み込んで学問を続けていました。
迎えに来た江端は安井息軒に魯齋の優秀さを伝えられ、江端は魯齋を西里に連れて帰ることをやめ、逆に学問に励むように激励して西里に戻ったそうです。

魯齋は特に漢学に優れ、21歳の時に隅田川の舟遊びを歌った漢詩は特に優れた作品として絶賛されたそうです。

江戸で三年間学んだ後、魯齋は西里に戻ります。
帰ってきた後も、天童などで開かれる勉強会などに通い、詩を作ることを続けました。

また、自宅に「筆学稽古所」という塾を開き、弟子の育成に努めました。
その数は70名にも及んだそうです。
魯齋の学識の深さから、多くの人に尊敬され、置賜地方の人までも魯齋の塾で学んだそうです。
この塾が明治5年に始まった新しい学校制度のもと、明治8年に「西里学校」となります。
現在の河北町立西里小学校の基の学校です。

白山神社の碑に刻まれている文の中に、

「庶民的で頼まれれば、どのような人の宴会にも参加して一緒に酒を酌み交わした。お酒がはいると、漢詩だけでなく、里謡もみんなといっしょに歌った」

という意味の漢文が刻まれています。
いかにも「学者先生」といった近寄り難い人ではなく、誰とでも気楽に接する人だったようです。

魯齋の学識や気さくさが買われたのでしょうか。
明治22年に新しい西里村が誕生した時、初代村長に選ばれますが、魯齋は村長の就任を固く断ったそうです。

魯齋の塾は現在のJA西里支所の近くに、西里学校は白山堂公民館のところにありました。
JA西里支所の近くには、平成7年に西里小学校創立120週年を記念して、
「西里学校発祥の地」
と刻まれた石碑が建立されました。

「西里学校発祥の地」の字は魯齋と縁のある故・逸見義一氏のものです。

なお、魯齋を偲ぶ記念碑は白山堂の白山神社の境内に、明治32年、魯齋に学んだ120名の寄付により建立されました。

西里小学校発祥の地碑

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional