西里,河北

先人に学ぼう

菊地槃山

菊地槃山

(槃山先生之碑 日枝神社)

顕彰碑

菊地槃山(ばんざん)は1793年(寛政5年)、小泉村造山(現、河北町造山)に生まれました。
いつもは伊兵衛または良弼(りょうすけ)となのっていたようです。
槃山とは先生として、または歌人としての名前です。

少年時代、槃山は日塔久七を先生として、勉強に励みました。
その後、18歳の時、谷地の林石門という先生の塾に入り、本格的に漢学について勉強をはじめました。
さらに1819年(文化14年)に江戸に出て、安積艮齋の門をたたきました。槃山25歳の時です。
安積艮齋の塾では学僕として、つまり、先生や塾の雑用を済ませるかたわら勉学にいそしんだようです。

その後槃山は安積艮齋の塾から独立して、自らも江戸に塾を開き、子弟の教育に力を入れました。

槃山の塾の運営は順調でしたが、槃山37歳の時、故郷造山の両親が亡くなってしまいます。

槃山は両親の不幸を機に造山に戻り、自宅を学舎として塾を開きました。

槃山は漢学のほか、孔子の教えである儒教の経書を学ぶ経学に秀でていたようです。
造山の塾でも漢学とともに経学も、子弟に教えていたようです。
槃山やその子弟は経学を通じて地区の民政(地区の運営)にも関わっていたようです。
槃山は詩文の作成も続けました。

槃山の子弟の一人に天満の江端忍がおります。
江端は逸見魯齋の先生の一人でもあります。

槃山が活躍した時代、江戸三大飢饉(ききん)の一つともいわれる天保の大飢饉がおきました。
洪水や冷害で作物が育たず、大規模な食料不足におちいり、特に東北地方で甚大な被害が出ました。
寒河江・河北など、村山地方でも多くの犠牲者が出たようです。

この時、寒河江や河北の一部を支配下においていた寒河江・柴橋代官所の代官、池田仙九郎は蓄えておいた米を食べさせるなど、人々の救済に努めました。

この池田氏の行いをたたえるため、代官所管内の名主たちが記念碑を作りました。
この記念碑は寒河江市慈恩寺の旧醍醐小学校の跡地に「池田府君仁政之碑」として現存します。

池田府君仁政之碑

この碑に刻まれた漢文は菊地槃山によるものです。
槃山41歳の頃のようです。
槃山も飢饉の被害のひどさを自らの目で見ていたため、学識をつくして文章を作ったと思われます。

残念ながら記念碑の風化が激しく、記念碑に近づいて、目を凝らして見てみないと文字が刻まれてあることがわからないかもしれません。しかし、よく見てみると確かに「槃山菊地」と刻まれてあることがわかります。

菊地槃山

槃山

この記念碑の文(碑文)は、2007年に発行された『西村山地域史の研究 第25号』にくわしく載っています。

槃山は49歳の時、病に冒されこの世を去ってしまいました。

造山の日枝神社内にある「槃山先生之碑」は槃山の死を惜しむ門人が先生をたたえて建立したものだそうです。

造山日枝神社

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional