河北町の市神さま

吉田市神

吉田市神

吉田市神

建立日西暦建立者縦・横・奥(cm)
不明不明70x50x45

「河北町の石碑・石造物」,河北町教育委員会,平成11年3月より

県道299号線、河北町立北谷地小学校より約500mほど南、道路の東側、民家を囲む石塀の一角を占有するような形で「吉田の市神」があります。

吉田の市の成立時期ははっきりしていません。

村山市白鳥から谷地に入部した白鳥氏が、新たに谷地内館地区に城を築くに当たり、谷地北口に市を設け、この北口の市を江戸時代谷地の北側を治めた新庄藩が正式な市(町方)と定めたことから衰退してしまった市と考えられていれています。

衰退したといっても、今も残る堂々たる市神から、その繁盛ぶりがしのばれます。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional